RSウイルスワクチン「アブリスボ®」接種開始のお知らせ

RSウイルスワクチン「アブリスボⓇ」の接種を開始いたしました。
このワクチンは、産まれてくる赤ちゃんをRSウイルス感染症から守る為に妊婦さんに接種します。
妊娠中に接種することで、母体のRSウイルスに対する抗体を増やし、その抗体が胎盤を通して胎児に移行することで新生児や乳児(生後6か月まで)のRSウイルス感染症の発症や重症化を予防します。

RSウイルス感染症とは

RSウイルスは、ほぼすべての子どもが2歳までに感染するとされています。乳児の細気管支炎やウイルス性肺炎の主な原因であり、特に生後6か月未満で感染すると重症化するといわれています。日本では、毎年約12万~14万人の2歳未満の乳幼児がRSウイルス感染症と診断され、その約4分の1が入院を必要とすると推定されています。RSウイルス感染による入院は、生後1~2か月でピークとなるため、生後早期から予防が必要とされています。

接種対象者

妊娠24週から36週の妊婦さん(28週から34週の接種が望ましい)
※接種後14日以内に出産された場合は、胎児への抗体の移行が十分でない可能性があります。

接種後の主な副反応

注射部位の腫れ、赤み、倦怠感、痛み
頭痛

アブリスボ接種による早産の増加や新生児の異常の増加は報告されていません。

価格

33,000円(税込)

接種を検討されている方へ

アブリスボ ハンドブック[PDF:1,688KB]

お知らせ一覧